プライバシーマーク取得・運用コンサルティング

取得支援サービス

フルサポートコース 取得保証

「わからないことだらけ」、という企業担当者様のための、フルサポートコース
個人情報の洗い出し、リスク分析、体制構築、個人情報保護マネジメントシステム策定・運用、セキュリティ強化、社内研修、監査、申請、現地審査対応など、プライバシーマーク認定取得に必要なすべてをパック。キックオフから現地審査後の補正まですべてをサポートします。

目的別サポートコース

社内体制構築支援

フルカスタマイズした個人情報保護のマネジメントシステムをご提案
個人情報の流れおよび個人情報の取扱いについて綿密なヒアリング調査を行い、業務の際に適合した保護マネジメントシステムを策定します。
プライバシーマークの認定取得には、「個人情報保護のマネジメントシステム」で社内ルールを策定し、さらに個人情報保護体制を社内に構築する必要があります。

社員研修支援

プライバシーマーク取得の鍵 社員教育を全面支援
教育資料の作成、講師派遣から効果測定まで、プライバシーマーク取得要件である社員教育に必要なメニューを全てご提供します。
個人情報の保護において、最後まで残る課題が『人為的ミスによる事故への対策』です。人間の行動に絶対はありません。人為的ミスを減少させるため、継続的な社員教育による『保護意識の向上』が必須です。
※e-ラーニングによる教育確認テストもご用意しています。

監査・申請支援

プライバシーマーク申請へ向けた総仕上げ
経験とノウハウを活かし、監査~申請の最終作業を全面支援いたします。また現地審査後の補正支援もいたします。
プライバシーマークのJIS Q15001:2006では、一般的要求事項として「個人情報保護マネジメントシステムを策定し、実施し、維持し、及び改善しなければならない。」とあります。個人情報保護マネジメントシステムは、一度作成すればそれでOKではありません。運用年度を定め、年度ごとに運用結果を見直し、不備な点を改善していく「しくみ」が必要です。その要が年度ごとの監査です。
個人情報保護マネジメントシステム新規策定・申請時においても一定の運用期間を経た後に、定めた手順に従って監査を実施し、プライバシーマークを申請できるレベルに持っていくことが必要になります。

プライバシーマーク新規申請までの流れ

このページのトップへ

運営支援サービス

PDCAフルサポート

プライバシーマーク取得後、2年ごとの更新にむけてマネジメントシステム維持し、認定の継続を支援します。運用確認や定期的な教育、内部監査に加え、プライバシーマーク取得後に発生した新規案件のリスク分析や、それに伴う資料の見直しもサポート。
新規取得同様に、更新申請もお手伝いします。

このページのトップへ

お問合せ

株式会社アゴラ・ステーション
プライバシーマーク コンサルティング担当


電話  03-5246-6061
E-mail  agosta_info@agosta.co.jp

このページのトップへ